革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

法律は誰がなんのために作ったのか

ビル

人間は知性を備えた動物で、社会システムを構築することで生存し続けてきました。
もし法律がなかったら、殺人も強盗も誰にも咎められないような無秩序の世界となっていたかもしれません。
そもそもなぜ殺人や盗むことが悪とされるのでしょうか。
強者は弱者からパイを奪うことができます。
そして弱者はさらに弱者からパイを奪います。
そして弱者は自分のパイが、奪ってきたパイが再び奪われてしまわないかというリスクを負います。
この連鎖が人々の社会性を著しく損なわせます。
社会性が損なわれると人間は生存競争で勝つことが難しくなる生き物です。
そこで弱者同士で集まり、法律を作るり、パイを奪うことに罰を与えることにしました。
これによって自分のパイが奪われるリスクと、パイを奪うリスクから解放されるようになります。
しかし弱者同士で集まって作った法律は強者を従わせることはできません。
少数の強者が社会性を脅かし続けるのです。
法律は人間が作ったものですから、欠陥は必ず存在します。
全ての者が等しく裁かれるためには、強者以上に弱者が力をつけるしかありません。
強者の理不尽な振る舞いは突然やってくるのだから。

ビル