革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

自動運転の事故は誰が責任をとるのか

ビル

人工知能が著しく発展し、自動運転も実用化されている国も存在します。
人間より判断がすばやく正確な人工知能ですが、絶対に事故が起こらないわけではありません。
自動運転で事故が起きた場合、責任の所在はどこにあるのかと論争が続いています。
例えば道路を自動運転車が走行中に歩行者が飛び出してきます。
対向車には大型トラックが、歩道には他の歩行者がいます。
ハンドルを右に切れば大型トラックと衝突し自動運転車のドライバーは死んでしまいます。
ハンドルを切らなければ飛び出してきた歩行者をはねてしまいます。
ハンドルを左に切れば非のない歩行者を巻き込んでしまいます。
仮に人工知能がドライバーの命を優先し、飛び出してきた歩行者をはねしまったとき、誰が責任を取るべきなのかという問題になります。
すでに自動運転でドライバーが死亡した事例がありますが。
メーカーはハンドルから手を離さないように再三注意を促していたこともあり、死亡したドライバーに責任があると裁判所は判断しました。
少なくとも現在の法律ではドライバーは責任を逃れることはできません。
事故が不可避の状態に陥ったとき、人工知能の判断で生じた諸問題の責任を誰が取るのかという問題は非常に難しいです。
判例が出るまでは様子見しておくことが最も無難な選択です。

西宮で新しいパソコンのセットアップ

法律に関する翻訳をお願いするなら

大阪の税理士の中で最高のコストパフォーマンス

ビル

関連情報

法律って、一体何なのでしょうか

法律って一体何なのでしょうか。
一番身近な所で道路交通法なんてものがあります。
法の下、

法律は誰がなんのために作ったのか

人間は知性を備えた動物で、社会システムを構築することで生存し続けてきました。
もし法律がなかっ

貴方をまもってくれるのが法律です

法律というものは社会の秩序よりよく保つ為に作られたる=るのことです。
これを守る事が国民の義務

法律が自分に実は大きく影響を与えていることについて

学生時代はずっと日本で生活を送り、当たり前に暮らしていましたが、結婚を機に海外への行き来が増え、日本